生活習慣見直しで高血圧改善

高血圧状態だと判断されてしまった場合には、合併症が発症することを防ぐためにも早急に治療をスタートしなくてはなりません。
通常の病気であれば基本的な治療は薬や手術と言った方法になりますが、しかし高血圧の場合は少し異なります。
もちろんすぐに治さなくてはならない場合には強力な薬、外科的な手術で対応をするということもあり得るのですが、ほとんどの場合、薬などはあくまでも補助的な役割を果たすにすぎません。
特に重要になってくるにはその人の血圧を高める要因となっている、普段の生活を改善していくことなのです。
さて、では生活を改善すると言ってもどういった生活習慣を見直していけば良いのかというと、まず最初にチェックされやすいのが食生活です。
血圧というところで特に問題となりやすいのが食塩の量ですから、日々摂取する食塩の量を減らすような食生活を心掛けなくてはなりません。
例えば外食は基本的に塩分過多になりやすいものですから外食を控えて自宅で和食を食べるようにするというのは特に効果的ですし、降圧作用が認められている緑黄色野菜やバナナ、キウイといったような野菜を食べるようにするのも良いでしょう。
また普段利用する味噌などの調味料に関しても減塩タイプを利用するというのは効果的ですから、積極的にそうした食品を選んでいくようにしたいものです。
中にはサプリで栄養素を補おうとする人もいますが、普段の食事を変えないと入ってくる食塩の量自体は減らないわけですから、食生活を改善したうえでの補助として用いることを心がけましょう。
この食生活と並び重要なポイントになるのが、適度な運動です。
毎日動けなくなるほどのトレーニングをする必要はありませんが、30分以上のややきつい程度の有酸素運動は非常に効果的です。
該当するスポーツにはさまざまな物がありますが、今日からでも始められる手軽な物としてはウォーキングがあります。
普段のようにゆっくり歩くのではなく、一定のペースでの早歩きを30分以上心掛けると、かなりの効果を見込むことができます。
そこで運動を生活習慣の中に取り入れることが出来たのであれば、ジョギングやサイクリング、プールでの水中運動などに進めていくとより良いでしょう。
ただ虚血性心疾患や心不全などの症状がある場合、運動をするとそれが引き金となって症状の悪化を招くこともありますから、事前にメディカルチェックを受けることを忘れないようにしてください。

ページトップへ